スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅物語#38-5日目「眠れないって快適、記憶力だけは自信ある。唯一の癒し、体力を最大限回復させよう」

2013.04.20 22:00|旅物語。
第3ブロック「仙台編(前編)」
2012年10月14日(月) 五日目  天候:快晴 気温:16/9(高/低)

前回までのお話。
いつも通り無茶なスケジュールを組み上げた旅物語第38話。舞台訪問や麻婆丼を食べ
横浜に行き焼き鳥を食べ、温泉で疲れを癒したヾ('ー'*)
御徒町では豚丼を食べ、スカイツリーも見てきた。東京のダンジョンに苦しみ葛西臨海公園へ
さて三日目は、1,070km彼方先からボーイング738型機で時速1,000km/hで飛んでくる来客が
スカイツリーも上り、最大のイベントであった飲み会も無事終了。
関東ブロックはひとまず終了。北海道かそれとも東北仙台か?体調具合により後者の仙台へ
4年ぶり3回めの訪問。さて、4年前の記憶とどこまで一致するか。
初めて旅行をした場所仙台へ、いざ出発。







23時30分「新宿」発→翌05時30分「仙台」着

前日の4日目23時30分に新宿駅から出発した高速バス。いつもどおり眠れない。というか眠れる人すごいと思ふ。
乗車20分前に服薬しても、眠気が来ないというか来ない。でも不思議と眠れなくても今回は平気だと感じた辺り
「前半四日間が可笑しかった」んだろうなぁー、と思いつつもできるだけ眠る努力を。

新宿駅から仙台駅までは東北自動車道を跨いで約375kmと比較的短め、それに対し運行時間6時間とは
まぁ今年は高速バスの事故がありましたから、きっと安全運転で行くのだろうと少し安心風味。
唯一驚いたのが途中で休憩が3回もあったことかな?、今まで何回か乗車経験あるものの距離と時間に対し
こんなに休憩があることに安心感があった。が、それは仙台について見て理由が何となくわかった。



05時19分 仙台駅東側付近到着。
前々から、東日本は日没が早いとは何度も言ったが、逆を言えば日の出時刻も早いのだろう
5時の時点でうっすらと夜が明けるのがわかるくらいだった。そして懐かしい青葉通りを通りつつ
仙台駅の東側に到着した。もし休憩が2回だったら、到着時刻は4時台で真っ暗だったので
休憩時間は本当の休憩の意味も兼ねて時間調整の意味があるのではないかと思ったが、ほとんど眠れてない
その頭では、早く歩きたいと謎の衝動に駆られていた。
仙台駅在来線側 Bivi


05時44分 ヨドバシカメラ仙台駅店
私が、仙台に初めて行った時。その人に初めてあったのがこの場所。となりに移転するため
どうやら閉店してたみたいだ。サウンドブラスターを買ったのはいい思い出。
まだ日が昇らない...先のホテルにチェックインしてもいいかなー?と思いつつ久々の仙台の地を踏みしめる。
ヨドバシカメラ仙台駅店


06時02分 チェックイン
建前はおはようございますヾ('ー'*)今日泊まるものです~ですが、キャリーバッグを早く手放したいという
そんな思いで、ホテルにチェックイン。さすがに驚かれたが、宿泊金を前払いしてキャリーバッグも
預かってもらったヾ('ー'*)ノ
さすがにまだ部屋の案内はされないが、またきますので頼みますヾ('ー'*)というわけでチェックイン確保。


06時05分 出発
さて今度こそ身軽になったので、色々行動できるぞー。まずは仙台駅を見に行ってみよう。
仙台駅1 仙台駅内部1


06時17分 仙台駅
こういうところに来ると必ず、大きい緑の入場券は買ってしまいます( '艸')記念にね。
よし新幹線ホーム行ってみよう。
仙台駅新幹線改札口


06時22分 仙台駅新幹線ホーム
今回は、ちょっとタイミングよくE5系が見られそうだったので入場ヾ('ー'*)
ちょうど始発が出発する前だったので、上り下り両方共E5系が見れましたヽ(´ー`)ノ
まぁ、鉄道はそんなに知識もないしですが、高速な乗り物だけすごく興味があります。
そして入場に使った入場券に無効印を押してもらい回収。また記念品が増えた( '艸')
さて、レッツゴー。もうこうなったら青葉城跡まで歩こうぜヽ(゜▽、゜)ノ
はやぶさ2号東京行き 東北新幹線E5系


06時50分 青葉通り
清々しい朝、差し込む朝日、人通りがまだまばらなそんな早朝の仙台市内。そして半袖。
トウキョウと同じ基準で行くなとあれほど言われたのに長袖ケースに仕舞ってたのでかなり寒い思いを(ノω')
とまぁ、そんなことはおいておいて。5年前初めて来た時もこの青葉通りを歩いたものです。
5年ぶりとはいえ、道だけは覚えているもので自然と青葉城跡へ足が向かいます。
ガンダム喫茶も行ったなぁ...片方は移転したか無くなってましたがもう一つはまだ健在みたい。
後、5年前珍しさでパシャって撮影した交番が何気に一つ階数が増えていたのが驚いた。
後、5年前数十年の歴史に幕を閉じるまさに2週間前だった旧仙台天文台も現在は違う工事がしてあった。
色々変わったなぁーと、記憶と合致させながら再び歩く。
青葉通り ガンダム喫茶 橋

五年前の交番5年前の交番 五年後五年後の交番




07時37分 伊達政宗像への坂道
さすがに坂道はしんどい、5年前もそうでした。自転車が猛スピードで下ってくる光景も懐かしい。
ただ一点。大震災の爪あとと思われるものがちらほら見えるのはやはりまだ一年と半年ではまだ復旧できてない
ものもあるようだ。
青葉城跡への道は、そんな傷跡の一つなのかあちこち岩が崩れ、車は全面通行止め、自転車も押すようにと書かれ
歩く私にとっては、専有し放題?
しかしこの坂はきつい。
青葉城跡へ坂道1 青葉城跡へ坂道2 青葉城跡へ坂道3


07時51分 伊達政宗像に到着
本当にまる五年ぶりの光景、まぁ前回はほぼ日没の状態で参上したので、早朝に来るのは新鮮なのかそれとも
ただの違和感なのか、いずれにせよそこから見渡す仙台市内は壮大で、ここまで歩いてきて疲れは一気に
吹き飛ぶ。Twitterの更新ばっかりしてるのは、一人の時はほぼ実況レベルで現在地をつぶやいてる所為か。
仙台市内パノラマ


伊達政宗像 青葉城跡


08時45分 仙台県庁前を通過
少しルートを変えようと思ったのが運の尽き、どこまで行っても仙台駅とは違う方向に行ってる気がする。
太古の人間ではないが、ここは太陽を基準に考える。うむ、どう考えても今歩いているルートでこの太陽の
位置はおかしい、ルート修正をしながら1時間ちょっと違うルートを散策。
仙台県庁が見えた。スマートフォンで現在地を確認する...どうやらかなり違う方向に行ったみたいだ。
でもお陰で、また未知の開拓ができたような気がする。
宮城県庁


10時20分 仙台駅
めけっとさんからメールが来た。「どこで合流しますかね?」そういえばそれは決めてなかった。
どちらかと言うとこちらから出向くべきだろう。
そう、仙台編の案内人はめけっとさんである。実にまる4年ぶり。2008年10月16日が最後なので
閏日を差し引いて本当の意味でまる四年という何そのオリンピック
とりあえず、仙台駅からその最寄駅には直通ではいけないので、分岐点となる岩切駅に行くとメール。
さて4年ぶり、なんでこんなに緊張するんだろう。


10時35分 岩切駅
仙台駅から2駅のところ。4年前の時はここでさらに最寄り駅に向かったが、今回は中間点が都合がいいだろうし
なんといっても、一方的に迎えに来てもらうのも気がひけるわけで。。。


11時07分 めけっとさんと再会
岩切駅に到着して程なくして、めけっとさんと再会ヾ('ー'*)お久しぶりやでー。
新宿駅で急いで購入したスカイツリーのクッキーを無理やり渡す(
4年前話に聞いていた、油揚げが美味しいところに連れて行ってくれるみたいでこれは是非とも行ってみたくなった。
ちなみに、実物を見るまで私の中の想像図だが、おでんに入っている厚揚げを想像していたのは内緒である。


12時23分 山中をドライブ
12時間ちょっと前まで東京にいたんだろうかという、そんな山道をひたすら走行する。窓をあけると
涼しい風が入ってくる。ようやく東北に来たんだなーという実感。山に萌える人がいるのならこの景色は
さぞかしいい眺めだろう。私ですら、言葉を失ってしばし窓から景色を眺めていた。
山中をドライブ1 山中をドライブ2 山中をドライブ3


12時45分 定規山に到着
なんだろう、まるで山口県に帰ってきたみたいなそんな感覚。自然豊かで標高が少し高いのか
降りた瞬間少し気温が低くなってるのを感じた。
定規山というところらしく、文房具の発祥の地かと思ったが全く関係なかった。
お寺で参拝をしたり、鐘を鳴らして見たり浅草同様、普段全く信仰していない宗教と逆行のことばかりしていた。
第4ブロックの人へのおみやげとして、油揚げとあと何かを購入した。
定規山3 定規山4 定規山5


13時06分 昼食
さて、その油揚げというものをみてみる。1枚120円だっただろうか?
外はさくっと中はふんわり、として私の中の油揚げの定義が文字通り崩れた格好。
これに醤油と一味唐辛子をかけ味わう。これは...癖になる。
もう一枚頼んでおけばよかった.。oO
定規山油揚げ


おみやげは購入済みなので、定規山を少し散策、さすがに森林の中に入ると更に気温が低くなるのを感じる。
これは涼しい、それは10月の仙台に半袖でいるのもひとつの要因ではないかと当時の自分に言ってやりたい。
定規山1 定規山2


14時38分 日本一の高さの観音像?
さて、早朝に青葉城から仙台市内を見渡した時おおよそ10時の方角に何やら白くてでかい観音像が見えた。
その時は、気にも留めてなかったが実物を案内してくれるみたいだ@@。
あの仏像はなんのためにあるのか?観光名所化それとも大きなお寺なのか・・・?
結論から言うと、よくわからなかった。
説明文を見ると高さは100メートルもあり、日本一高い観音像だそうな。二日前にスカイツリーを眺めたので
初見で高さを言い当てられたのはちょっと自慢さ(←
高さ100メートルの観音像


15時30分 温泉でリフレッシュ
さて、5年前行った温泉とは反対にあるらしい温泉でこの旅の疲れを癒す。正直申すと前半4日間は
どこかで休むべきだったのだろうが、ブレイクポイントはここ仙台になりそうだ。普段シャワーで済ませて
しまうので、それが疲れが取れない悪い癖なのだろう。旅行のたびに、温泉や銭湯に入ったあとは、2.3日
体調が最高に良くなるのはきっと温泉などの効果なのだろうとここ最近の旅行で体感はしている。
サウナに入り、塩を塗りたぐり、電気温泉でビリビリしながら露天風呂に入り。
ここ5日間の疲れを完全とはいえないがすこぶる回復するのが体の芯から実感できた。
あとは、特製ジュースも飲んだヾ('ー'*)ノ これはきっと体にいいものだ。たぶん?
特製ドリンク


19時44分 仙台編での呑み会
さすがに今回は私がおごりますヾ('ー'*)というわけで、焼肉なり焼き鳥なりを食べましょうー。
めけっとさんが車だからお酒のませられなかったのは申し訳ないよなぁ('ω' `)
焼き鳥を食べ、自転車を眺め、ゲームセンターでクレーンゲームをやったり、久々の再会で
いろんなことをしつつ、この日はタイムオーバー。翌日もしかしたら仕事が終わって切り上げて来れるかも
らしいので、ホテルまで見送ってもらいこの日はここまで。
ありがとうございました。めけっとさん(*'-')ゞ
そしてもうひとつお別れを告げるのが、3度仙台に来て3度フルにお世話になったメケカー。
おそらく最後のパッセンジャー...ではないと思うが。仙台に来るたびにかなりお世話になった影の主役。
今度はアテンザを購入されたそうなので次行く機会が...あればいってみたいなぁ...あるかなぁ...
仙台での焼き鳥 メケカー


23時50分 服薬
さて、この旅で唯一ホテルに泊まるのはこの日だけ、ホテルは正直苦手でござる('ω' `)
布団に入るなりすぐに眠れるかと思ったけどなかなか寝付けない。なんだろうなーこの感覚.。oO?
ちょっと不安。


六日目へ続く。

Comment

非公開コメント

| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
動作環境と一冊目へ

タイトル:ひとりごと。第7シーズン。
「一冊目に戻る」ヾ('ー'*)

(動作確認環境)
Internet Explorer 7/8/9/10
Mozilla Fire Fox 3.6以降

偽ひとり暮らし完結
on 2012/03/31

書いている人

名前:夢唯/氷室 唯(Yui_Himuro)
過去:活動してたキャラを参照。
生誕:19**/02/19
血液:O型
居住:羽田→510/千歳→801/那覇→611
(数値は各空港からのマイル距離)
趣味:各地を転々と?

呟き(Twitter)

SkyDrive(オンラインストレージ)

工事中

リンク

活動していたキャラ(MMO)

☆過去にプレイしたMMOキャラなど☆

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

著作権に関する記述

・YG(ヨーグルティング)
©1997-2006 Neowiz Corporation.,All rights reserved. ©2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 このページ内におけるヨーグルティングから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元であるネオウィズ株式会社に帰属します。(C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc. 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

・LH(ルーセントハート)
©2008 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved. gamania is a registered trademark of Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

・Aion(タワーオブアイオン)
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved ・スカッとゴルフパンヤ (原文検索中)

検索フォーム

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。